お勤め時代の話し

鍼灸あれこれ話し。

就職して最初に勤めていた職場は、都内の某鍼灸接骨院で、1年目は女性のスタッフが自分一人しかいませんでした。なので、女性のお客様の施術に入ることが多く、鍼の施術も入る機会がたくさんありました。
まだ経験も浅く、技術的に未熟すぎたので、施術の途中で不安な事があったら先輩のスタッフに聞きに行ったりしながら、何とかやっている感じでしたね…。

土日も営業していたので、日曜の忙しい時間帯は、ご飯を食べる以外はずっと施術に入ることもありました。大変でしたが、経験を積まないと施術は上手くならないので、有り難い事だったなと今は思います。常連さんとも仲良くなったり、接骨院ならではの思い出がたくさんあります。

タイトルとURLをコピーしました